山梨県では平成24年4月から「ドクターヘリ」が運用開始されました。 ドクターヘリは県立中央病院を基地に、専門の医師、看護師や医療機器を搭載して救急現場に向かいます。運用が開始されてからは、治療開始までの時間が短縮され、救命率の大幅な向上や後遺症の軽減が図られました。山梨県発表の統計資料によると、4月〜11月までの7カ月間の出動要請は283件あり、笛吹市からも11件の要請がありました。

平成26年2月 【雪害調査】